June 26, 2010

世界を驚かせるHONDA!

 ワールドカップの熱狂が続いている。

 日本は決勝トーナメントに勝ち進み、本田圭佑という新たなHEROを得た事がその理由である。僕自身、サッカーに詳しい部類ではないが、それでも、彼のプレー(結果)が凄いという事は理解できる。カメルーン戦のゴールでは、偶然や運も考慮するべきであると考えたが、デンマーク戦のそれは、中田英寿や中村俊輔にはない規格や決定力を十二分に証明するものであり、「ここまで凄いのか…」と、全身に鳥肌が立った程である。

 が、この日本が初めて得た世界規格のHEROが、僕には苦痛になっている…。

 彼の発言(内容)には、世界規格のアスリートが持つ、独特のオーラを感じないのである。プレーは凄いが、中身はジャイアン?というのが正直な感想である。顔は喜びを堪えられないが、喜べないとの小賢しいコメント…。日本のファンを国民とよぶ仰々しさ…。自己の努力や意気込みをアピールせずには居られない異常な顕示欲と自己愛…。「俺って凄いだろ!」と押し付けられる程、稀代のHEROに失望していくのである。おかげで、試合は観るが、インタビューやニュースは等は一切みないといった辛い日々が続いている。

 ジダンが無言を貫いたのは、前回大会の事である。去り行く彼の背中が、言葉以上に彼自身を語っていたなぁ…と振り返るのは僕だけではない筈である。

2010 06 26 [標準思考の巻] | 固定リンク | コメント (4) | トラックバック (0)

June 04, 2010

暇なのだ

 という訳で、会社を辞めた。

 「あ」っという間に不惑を過ぎ、終の棲家のファイナルアンサー(古いか…)を考えに考え、とりあえず「関東ではない!」との結論に至ったので、とりあえず、すっぱり辞めることにした。で、もう一回、住む場所のファイナルアンサーを考えに考え、考えがまとまらず「50:50」を使い…(汗、僕の実家がある兵庫県と、奥さんの実家がある宮崎県との二択に絞り込まれ、結果、何かと楽そうな宮崎県に決定した。どうせ家賃を払うくらいならと、無理してローンを組み、マンションまで購入してしまったのだが(職もなくなるのに…)、このファイナルアンサー、解答が判明するまでは、まだまだ時間がかかりそうである。つまり、ぼくの「みのさん」は、顔面硬直の状態で固まったままだということだ。2年後辺りに「せいかい!」の声を聞きたいものである…。

 で、とにかく暇ができている。

 仕事の目処は全くないのだが、失業保険は11月くらいまで出るようであり、今のところのんびりぷー太郎を満喫してしまっている。もうちょっと、苦しいものかと予想もしていたのだが、僕は怠惰への適応能力が人並み以上のようで(汗…、毎日、昼寝をむさぼっている。奥さんや子供からの冷たい視線にはこう答えている。

 「わしゃーっ、なにをやればいいのかが、みつからんきに、もうちくっと待ちよるがぜよ!」

 もちろん、受けない。

2010 06 04 [標準思考の巻] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

June 02, 2010

辞めちゃったのか…

 今日、鳩山総理が辞めると表明した。
 何故辞めるのか?…というのが率直な感想である。

  Change…何かを変えようとして鳩山さんは総理になった筈である。でも、何かを変えたかったのは、彼自身ではない。変えようとしたのは、政権政党を選択した側である。それは、官僚天国や、既得権益といった目に視える膿だけではない、何も変えられない…政治そのものといった漠然とした「状況」を変えたかったのである。

 彼は変えられなかったから辞めるのだろうか?
 それとも変えられたくない何かに辞めさせられるのだろうか?

 日本は三権が分立している筈である。立法機関が変化できない原因は、残りの二権が変化を望んでいないからとも言えるだろう。残り二権に属していた人間は、立法機関への参加は遠慮していただくべきだろう。

 会社を辞めて2ヶ月。世の中の変化に疎い今日この頃である。


 

2010 06 02 [標準日記・つぶやきの巻] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

April 13, 2006

理由があるのです。

 …風邪に悩まされたのは先週のこと!。

 「またまた4月になって standard の投稿がとまった!」…と、多方面からお叱りを頂いてしまいましたが、この今年の「筆不精」、実は深遠な理由があったのである。言い訳をするのは男らしくないとは知っているのだが、ぼく自身、別に男らしくありたいとも思ってもいないので(笑、ちょこっと書いておく。

 先週は8日の土曜日。(やっと?)娘が幼稚園に入園した。去年の秋に(横浜に)引っ越してきてから、娘には色々と苦労をさせてしまったので、万感胸に迫る入園式だった(ビデオとカメラであたふたしただけだが(笑)。

 そして、9日の日曜日。ぼくの家族は大きな問題を抱えていることに気が付いたのだ…。

 幼稚園に行っていなかった娘は、今まで毎日昼寝をし、ぼくが帰宅してから一緒にお風呂に入り、ぼくの食事に付き合い、それから遊んだりしていたので、すっかり「夜型」の不良幼児になってしまっていたのだ…(泣。

 今までと同じ生活をしていたら、送迎バスが幼稚園に到着する時間に目覚めることになる。焦り始めた奥さんは、いつもよりも早めに夕食とお風呂を済まさせ、8時過ぎには娘を寝かし付け始めた。…ところが、隣の部屋でぼくが「ジャンクスポーツ」に笑っているからか(?)、娘は「寝るのち(き)らい!」と言って、布団に入らないのである…。焦りといら立ちが頂点に達した奥さんは、突然、ぼくにも一緒に寝る(フリ)ことを要求してきた。いつものように家族全員が「寝る」という状況になれば、娘も寝る気になるだろうと考えてのことである。

 娘の「楽しい幼稚園生活」のためなら仕方がない。「功名が辻」と「ブログの更新」は娘が寝てからに変更し、取り敢えず全ての部屋を消灯し、ぼくも布団に入った…。

 そして、

続きを読む... "理由があるのです。"

2006 04 13 [標準日記・つぶやきの巻] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)

April 05, 2006

風邪を…

 先週末から風邪をひいてしまっている。
 どうも、喉にくる風邪らしく、熱は下がっても、喉の痛みは一向におさまらない。
 更新を心配して下さってる方々への近況報告でした…。ではでは。

2006 04 05 [標準日記・つぶやきの巻] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)

March 27, 2006

ねずみが偉い国の話

 「WBC」に浮かれて一週間。週末にはプロ野球(パリーグ)も開幕。我がホークスは見事に連勝スタート。…で、投稿の筆は休んでも、肝臓は休めない日々が続いている…(酔。コメントの返事が遅れてすいません(^^;。

 で、今日は少し前の話を…。

続きを読む... "ねずみが偉い国の話"

2006 03 27 [標準日記・つぶやきの巻] | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック (0)

March 22, 2006

居た、観た、勝った!

 探り、探りの状態だったが、今日は試合が終わるまでリビングに居た。
 追い上げられる度、奥さんの「咳払い」は大きくなっていったが…、じっくりと試合を観た。
 …日本は勝った(笑。

 何も言うことはない。本当に嬉しい「春」の到来である…。
 (週末の)「祝い酒」への賽も投げられた…ムホッホッホッ(≧∇≦)ノ。

「世界一」の王監督に、今年こそ、「日本一」を!

2006 03 22 [標準日記・つぶやきの巻] | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック (1)

March 20, 2006

そして、D・インパクト

 日曜日の阪神大賞典。野球の王ジャパンを引き継ぐ「衝撃」で、D・インパクトも圧勝した。

 が、それ以上の「衝撃」が掲示板に待っていた。馬連配当が860円で三連複配当も860円…?。2着馬を当てるのも、2、3着馬を当てるのも同配当?。これはどういうことなのだ?…?。

 まっ、当たってないからどうでもいい話なんだが…ムホッホッホッ(≧∇≦)ノ。

強い馬が強い競馬で勝つ…これを観るのが一番の贅沢!

2006 03 20 [標準競馬考の巻] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)

March 19, 2006

勝つには勝ったのだが…

 うちの奥さんがおかしな事を言い出した…。

 今日の「WBC・韓国戦」を家族で観戦中のことである。初回のチャンスに松中の打球が韓国三塁手に処理された瞬間、申し訳なさそうな顔で、ぼくに切り出した。

 「(あなたは)観ないほうがいいんじゃない?」

 彼女の理屈は多くの経験則から導きだされているらしい…。ここ数年、オリンピックやワールドカップ(予選)等々、大きな試合を「ぼく」と観戦した時には、どういうわけか、応援しているチームが負けているのだ(そうだ)。

続きを読む... "勝つには勝ったのだが…"

2006 03 19 [標準日記・つぶやきの巻] | 固定リンク | コメント (4) | トラックバック (2)

March 18, 2006

だぶりゅー、びー、しー?

 昨日、兵庫県の海岸をふらふらと歩いている男が発見された…(らしい)。

 全身ずぶ濡れで発見されたその男は、病院に運ばれてもショックのためか話せない。手には、自分で描いたと思われる「王監督の似顔絵」を握りしめていた…(らしい)。どうやら「記憶喪失」のようである…(らしい)。ただ、ピアノを与えると、「いざゆけ若鷹軍団」を見事に演奏した…(らしい)。

 この、世間で全く騒がれもしなかった「ぴあのまん」がぼくである…。なぜだか、メキシコ料理を食べた途端、ここ3日間以外の記憶がよみがえった…(ようである)。

 「だぶりゅー、びー、しー」は「わーるど、べーすぼーる、くらしっく」の意味である。そして、明日は準決勝だ(笑。

弱き者、汝の名は「ぼくの応援」!

2006 03 18 [標準的ホークスファンの巻] | 固定リンク | コメント (4) | トラックバック (0)